新垣比菜のキャディとコーチを調査!スイングの特徴と可愛い私服画像も紹介!

今回はプロゴルファーの新垣比菜さんです。

新垣比菜さんはあの宮里藍や諸見里しのぶを生んだ沖縄出身のホープ的存在です。

1998年生まれのまさに「黄金世代」の1人ですね。
ゴルフ王国の沖縄出身と「黄金世代」ということで全国的にも注目されている選手です。

さて、今回は以下の話題を取り上げてみました。

・現在の専属のキャディは誰なのか?
・新垣比菜さんの専属コーチはいるのか?
・新垣比菜さんのスイングの動画と特徴を紹介。
・新垣比菜さんはツアーで一度、失格していることについて。
・プロフィールとプロ転向前の戦績について。
・出身中学と高校及び出身県沖縄県の歴代プロゴルファーについて。

以上6項目について表や動画などを使って詳細に書いています。
どうぞ、お読み下さい。


スポンサーリンク


新垣比菜のキャディは「優勝請負人」清水重憲キャディではない!


現在、新垣比菜には特定の専属のキャディはついてません。

キャディは主にツアーの現地でのハウスキャディと組んでいますね。
理由ははっきりとは分かりません。

新垣比菜さんはプロ転向前までは父親の新垣博昭さんが、キャディ兼コーチとしてついていました。

しかし新垣比菜さんはプロになってからは自立したいという思いがあったらしく、父親に「これからは自分の考えで判断してゴルフをしていきたい」という申し出をしたそうです。

もしかしたら、そういう考えでキャディを付けてないのかもしれませんね。

ただ2018~2019年のツアーでは、イ・ボミなどの専属キャディをしている「優勝請負人」との異名をもつ清水重憲キャディと何回か組んだことはあります。

ですから、テレビ中継などで見て清水重憲キャディが専属だと勘違いしている方もいるかと思いますが、専属ではありません。

しかし、新垣比菜さんは清水重憲キャディについてもらったことについて
「清水さんのお陰でマネジメントをしっかり考えるようになりました。プレーでも結果を残せるようになっていると感じます。」

また「ちゃんと攻めるところは攻める。守るところは守る。ということができるようになってきていると思います。」とのこと。

新垣比菜さんもいろんな考えで、これからの自分のゴルフに対しての姿勢を貫いているのだろうなと思いました。

新垣比菜のコーチはつけてない!

新垣比菜さんはコーチもキャディと同様、付いてないようです。

私も今回の件で初めて知ったのですが、プロゴルファーでもコーチを付けてない人もいるんだなーと思いました。

それで果たしてよく試合と出ているよなー!
まー基本的なものが分かってて、自分のスタイルが確立しているのであればコーチは要らないのかな、というところなんでしょうか?

しかし海外ではどんなに実績があるプロゴルファーでも、ほとんどコーチは付けているらしいんです。

手っ取り早いというのが、一番の理由かもしれませんね。
自分で考えなくていいし、客観的に見てもらった方が正解かなとも思えますね

まー、合理的な考え方ではありますね。

日本でも、ある程度のプロゴルファーはコーチは付けていると思われますが、中にはコーチは一切いないという方もいるのでしょう。

新垣比菜さんもその中の1人。
2017年のプロ転向以来、コーチを付けたという情報がありませんでした。

プロ転向以前は先述したように、父親の新垣博昭さんが指導されていました。
理由はキャディと同じような理由なんでしょう。

ですが私としては新垣比菜さんはまだプロになって若いんだから、多少は先人に指導してもらった方がいいのではないかなと勝手に思ったりもしますね。

とにかく、どのような活躍されるのか見守っていきましょう。


スポンサーリンク


新垣比菜のスイングの特徴は躍動感のあるダウンスイング!

上のスイングを見てどうです?
ダイナミックですよね。

現役の宮里藍を思い起こさせるようなダイナミックなスイングですね。

トップで肩が深く入って、下半身のリードで、まるで宮里藍選手のスイングと同じように、クラブが紐のようになって体に巻き付いているような感じでスムーズなスイング。

フィニッシュもそれ以上いけないくらいにクラブヘッドが前を向いて綺麗です。
長い飛距離と正確な方向性を兼ね備えたスイングですね。

お顔も似てますが、スイングも似てますね!

⇩こちらに宮里藍元選手のスイングを載せておきます。

新垣比菜の可愛い私服画像や動画を紹介します!

女子プロゴルファーって、テレビとか映っているのは、いつもゴルフウェアばかりでつまんないですよね。

それも良いんですけど、なんか私服ってどんな感じなのかなとか、どんな普段は
どんな服きてるんだろうか?って考えてしまいますよね。

今回、新垣比菜の私服をほんの一部ですけど紹介します。

やっぱり全然違いますよね!

いつもの比菜さんとはまた違った雰囲気ですね。
目鼻立ちがくっきりが強調されて大人っぽく見えますね!
笑った顔が可愛い!

こんなのもありました。
「第50回デサントレディース東海クラシック」の前夜祭の1ショット!
この大会では、残念ながら予選を通過できなかったようですね(´;ω;`)

新垣比菜は国内ツアーで1度失格になっている!

新垣比菜さんは、一度失格になったことがあります。

それはプロテスト合格(2017年7月)から丸1年経った翌年2018年8月17日~19日で開催されたCAT レディースの2日目(7月18日)に新垣比菜さんがやっっちゃいました。

スコアの過少申告で失格です。
その日の2日目はなんと首位で出たんですが、若干スコアを落としてまだまだ2位に付けている18番最終ホールの出来事。

そこで、ロングホールでしたから落として記録をボギー「6」と書くところ「5」と書いてスコアカードを提出してしまった。

万事休す!!

通常であれば、確認を怠らない新垣比菜だが、やはり最終ホールで1つ落としてしまって、自らも話してますが「明日、頑張ろう」という気持ちだったということでした。

やはり若干ショックを受けての書く動作の時も気もそぞろ的なこともあったのだと
思います。

結局、せっかく優勝の目が十分にあっただけに非常に残念な思いをしたことでしょうね。

新垣比菜のプロフィールとプロ転向前の戦績!

主なプロフィール

出身地 沖縄県具志川市(現在はうるま市)
志年月日 1998年12月20日
身長 165㎝
出身高校 興南高校
ゴルフを始めた年齢 8歳
プロ転向年月日 2017年7月29日
所属 ダイキン工業

プロ転向前の主な戦績

実施年 名称 結果
2011・2012年 残波しおさいカップ 優勝
2012年 沖縄ジュニアゴルフ選手権 優勝
2012年 沖縄学生オープンゴルフ選手権大会 優勝
2012年 沖縄女子ゴルフ選手権 優勝
2013年 ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 28位(ベストアマ)
2013年 オールジャパンレディースゴルフ美咲レディースカップ 優勝
2013年 IJGTアジアサーキット日本代表決定戦 優勝
2014年 ヨネックスレディースゴルフトーナメント 33位(ベストアマ)
2015年 全日本大学・高校ゴルフ対抗戦 優勝
2016年 日本ジュニアゴルフ選手権競技 女子15歳~17歳の部 優勝

上表は新垣比菜さんのほんの一部の記録です。
小学校からプロ転向前までの大会で優勝は30回を記録しています。
他にもベストアマを7回などの他、上位多数。

新垣比菜の出身中学・高校はどこ!出身地の女子プロゴルファーの紹介!

出身中学名と高校名を紹介します。

新垣比菜さんの出身中学と高校を紹介します。

出身中学は沖縄県うるま市具志川中学校です。
中学校時代の主な成績が凄いです。
中学校の時には46大会開催された中で、なんと18回の優勝をさらって行ってます。

その中で、中学生でベストアマも獲得しています。

凄いですねー!

出身高校は興南高校です。
沖縄県の興南高校と言えば、野球が有名ですよね。
甲子園の常連校で、プロ野球選手も多数輩出しています。

野球だけではなくハンドボールやバスケットボールも多数いますね。

興南高校時代には、新垣比菜さんも数々の実績を上げています。
・いろいろな大会で10回の優勝中学で初めて取ったベストアマは高校ではなんと5回も受賞していますね。

出身地沖縄県の主な歴代プロゴルファーの紹介!

名前 生年月日 主な戦績
新垣比菜 1998年12月20日 2018年サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント 優勝
比嘉真美子 1993年10月11日 2019年第32回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 優勝
小宮満莉花 1990年5月9日 2019年代九レディースカップ 64タイ
山里愛 1991年6月8日 2014年[STEPUP] 山陽新聞レディースカップ優勝
諸見里しのぶ 1986年7月16日 2009年日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
大城さつき 1989年9月5日 2019年ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ6位タイ
宮里藍 1985年6月19日 国内・海外ツアー優勝多数

まとめ

今回はプロゴルファー新垣比菜さんについてでした。
➀新垣比菜さんのキャディは専属キャディはいない。
➁新垣比菜さんは専属のコーチもいない。
➂新垣比菜さんのスイングの動画の紹介と特徴について。
④新垣比菜さんがツアーで失格しているについて。
➄新垣比菜さんのプロフィールとプロ転向前の主な戦績を紹介。
➅新垣比菜さんの出身中学と高校およびその沖縄県の歴代女子プロゴルファーも紹介。
以上、6項目でした。


スポンサーリンク