浅井咲希のクラブセッティング!出身中学・高校や実家が金持ちの真相を調査!

浅井咲希さんは女子ゴルフの1998年生まれのまさしく黄金世代の1人ですね。

黄金世代は昨年(2019)の賞金ランキングでも、大活躍の渋野日向子をはじめとした黄金世代は若いですが上位に何人も顔を覗かせています。

この浅井咲希さんもツアーで1回の優勝がありランキング33位です。
私も注目しているこれからが楽しみの1人です。

今回はその浅井咲希さんの
「クラブセッティングの詳細」
「出身中学・高校の実績など」
「実家がお金持ちという噂の真相」
「ご家族がスポーツ一家」
などの話題を掘り下げて書いています。

どうぞお読み下さい。



スポンサーリンク


浅井咲希の主なクラブセッティングを紹介。

浅井咲希のクラブセッティングの詳細

※イメージです。

ドライバー(1W) スリクソンZ785FL 9.5度
3W PING 410 14.5度
5W PING 410 17.5度
4UT スリクソンH65 22度
5UT スリクソンH65 25度
アイアン(6I~PW) Z585
ウェッジ クリーブランドRTX-4フォージド 50度
ウェッジ クリーブランドRTX-4フォージド 52度
ウェッジ クリーブランドRTX-4 58度
パター(PT) テーラーメイドスパイダーX
ボール スリクソンZ-STAR XV  

※このクラブセッティングは2020年時点のものです。


浅井咲希は2019年8月にドライバーを変えていて、それまでは「スリクソンZ765 」を使っていたんですが、それを「スリクソンZ785FL」に変えて挑んだところ2019年の「CAT Ladies」では初日から首位を守り抜く戦いぶりで見事、優勝を成し遂げていますね。

浅井咲希もその時のインタビューで「ドライバーを替えたことが大きい」と勝利の要因は新しいドライバーだったことを真っ先に挙げていたということです。
やはり、ずっと悩んでいたんでしょうね。

元々、体こそ小さいものの飛距離には自信があり、今回ドライバーを替えたことで、体の大きい他の選手にも引けを取らない武器を手にいれたことでますます自信がつき、思い切りのいいスイングで今後の活躍が期待できるような気がしますね。

浅井咲希の出身中学・高校を紹介します。

※イメージです。

中学校は尼崎市の立花中学校に入学しています。

浅井咲希さんは、兵庫県の尼崎市出身で中学校は尼崎市立立花中学校に通っていました。
尼崎市出身の有名人はあのダウンタウンの松本人志と浜田雅功を有名ですね。
中学校は尼崎市の中心部にあって、名神高速道路の尼崎インターチェンジにあります。

浅井咲希は、6歳のころからお父さんに最初スナックゴルフを遊びついでだったんでしょうね、その後、本人も気に入ってゴルフを始めたそうなんですね。

それから小学校、中学校とゴルフをやりながら進んでいって、中学校の時には兵庫県のジュニアゴルフ選手権で、なんと2度も優勝しています
さすが、プロに行く人は違いますね。

高等学校は神戸市の滝川第二高等学校に入学。

尼崎市の立花中学校を卒業して、高校は神戸市の瀧川学園滝川第二高校に進学してますね。
生まれ故郷の尼崎市から約40㎞離れた神戸市の西側にある高校なんですね。

この滝川第二高校はスポーツ関連の超名門校なんですね。

この高校からのプロゴルフの選手を挙げてみると、
古江彩佳プロ、安田祐香プロ、西智子プロ、堀琴音プロなど他にもたくさんのプロゴルファーを輩出しています。

元々は滝川第二高校は他のスポーツ部も盛んな学校で、とくにサッカーやプロ野球さらにマラソン選手も多数出ている学校なんです。

そんなスポーツ練習環境が整った中で、仲間と切磋琢磨して育った浅井咲希さんも数々の成績を残してプロにまで上がっていったということですね。

高校卒業後に初挑戦でプロテストに合格しています。



スポンサーリンク


浅井咲希の実家は金持ちという噂の真相を解明!

浅井咲希さんの実家はお金持ちという噂がありますが、知ってましたか?

私も気になって調べたのですが、どうやらフェイク(ウソ)だったようですね。
その噂というのはどこからきたのでしょうか?

まあ、親が子供をプロゴルファーにさせるには、そりゃ大変なお金がかかるものですから、そのあたりからお金持ちの噂が出てきているのではと推測できるのではないでしょうか。

ゴルフ道具、ゴルフ練習場、実際のゴルフ場でのプレイ代、高校では授業料、寮に入れたら、その寮代やその食費などなど、それを6歳の時から、毎日毎日ですから出費は大変なものなのです。

多分、プロになるまでの合計費用は数千万円は掛かると考えます。

それと、次項でお話ししますが、ここの家族は浅井咲希さんを始め4人の子どもがいるのですが、全員が家族総出でプロゴルファーを目指す意識で取り組んでいるようなんです。

だから周りから見たら、自然とお金も掛かるのにそこまで出来るということは、やっぱりお金があるんだろうなあってことになってしまって、お金持ちなんだという噂が自然と出てきたんではないでしょうか。

でも実際は両親も大分、苦労されているという話もありますので、やっぱりどこにでもある普通の家庭なんだと思いました。

ですから、やっぱり特別お金持ちということはないと思います。


浅井咲希の両親(父・母)や兄弟全員スポーツ家族

浅井咲希さんのご家族は、両親と4人の子どもがいて、6人家族なんですね。

それで、子供の内訳は、まず咲希さんが
一番上で長女
二番目が長男(1歳下)
三番目に次女(5歳下)
最後4番目に次男(8歳下)
ということになってます。

そして前項でも書いたようになんと姉弟4人全員がプロゴルファーを目指しているそうなんですよ。

実はそのきっかけとなったのが、お父さんの若い頃プロ野球選手を目指していたらしいんですね。
しかし、その夢は果たせなかった。

浅井咲希さんが、あるインタビューで「お父さんの果たせなかった夢を私がお父さんの代わりに果たしたかった」と話していたらしいのです。

これは想像ですけど、お父さんが普段からその果たせなかった夢を子供たちに話していたんではないのでしょうか。

だから、浅井咲希さんだけでなく、他の姉弟もそのお父さんの言葉に感化されて、プロになるという目標をもって取り組んでいるだなと思いました。

しかし、親にとっては嬉しいことだと思いますが、現実的に大変だろうなあと思いましたね。
まだ他の姉弟がまだ年齢が若いので、プロゴルファーは咲希さんだけということで現在進行形ですからね。

それを当然分かっているので、ツアー初優勝した時に咲希さんが泣いていたことを思い出しましたね。
「やっとここまで来た」という想いと両親への感謝でいっぱいになったのではないでしょうか。
多分、自分の役目がちょっとだけは果たせたかなという思いがあったのでしょうね。
今後も是非、咲希さんも頑張って、自分の夢やきょうだいの夢、そして両親の夢をぜひ果たして欲しいものだと思います。

まとめ

このページでは
➀浅井咲希さんのクラブセッティングの詳細。
➁浅井咲希さんの出身中学・高校を紹介。
➂浅井咲希さんの実家はお金持ちの真相を調査しました。
➃浅井咲希さんの家族がスポーツ一家である理由を紹介。
以上です。


スポンサーリンク