金原ひとみの夫は担当編集者!分裂症と語る生い立ちは父の影響?パリでの生活ぶりは?

金原ひとみさんと言えば、2004年に19歳で芥川賞を受賞しましたね。

衝撃的なタイトル「蛇にピアス」とともに、こちらも初受賞の綿矢りささんとダブル受賞は同年代ということもあるなど話題になってたので、私も今でも鮮明に覚えています。

このページでは、金原ひとみさんのいくつかの気になることについて書いています。
金原ひとみさんと夫との関係、分裂症と父親との関係、パリでの生活や本人のプロフィールも解説していますので、どうぞお読み下さい。



スポンサーリンク


金原ひとみの夫は担当編集者

金原ひとみさの夫は、集英社の担当編集者です。
芥川賞を受賞した翌年2005年に結婚されてます。

やはり一緒に気遣いながあら仕事をしていて、気が合って結婚ということでしょうね。
一種の社内結婚ということでしょうか。(金原さんゴメンナサイ!)

しかし、その後、2011年に東日本大震災に遭遇して、岡山に移り住んだのですが、夫は東京での仕事もあるので、そのまま単身で東京に残っていて別居生活ということになったようですね。

そしてその岡山で第2子の娘さんを生んでます。

その後2012年にパリへと向かうことになりますが、ここでも母子生活となっていますから、夫は東京に残っていたということになります。

そして妻の金原ひとみさんはパリ生活6年目(2018年)に帰国することになり、ここでやっと夫との結婚生活がまた始まりこれまで離婚もなく続いているということです。

子供の頃は分裂症だったと語る金原ひとみは父の影響だった?

金原ひとみさんは芥川賞受賞後のインタビューで自分自身が中学生の頃に精神科で軽い分裂症だと診断されたということです。
中学生ということは、13歳から15歳のころですね。


分裂症とは
分裂症は現在では統合失調症と病名変更されています。

概略でお話しすると、「脳(神経系)」の働きになんらかの不調をきたす病気だとう言われています。

症状としては、神経が過敏になりやすく、周りが変わったような感じられて、その結果、リラックス出来なくなったり、思考が自分で思いようにいかない状態になり、疲れたり、眠れなかったりする病気です。

しかし、あまり特異な病気というわけではなく、100人に1人の割合でいるそうです。
原因は遺伝でも家族の影響でもないということが分かってます。


金原ひとみさんの場合も、遺伝でも家族の影響ではないということですから、父の影響ではないということですね。
むしろ、ひとみさん自身の生まれつきのものだと考えます。
そのお陰で芥川賞を取るような才能が発揮されたということも言えるかと思います。

実際に調べてみても、父親は大学教授であり翻訳家でもあったということですが、厳格な父親像という情報も浮かんできてません。

むしろ金原ひとみさんは東日本大震災に遭っていますが、その父から娘を心配して父の実家である岡山に帰って来させたということが分かっていますね。
それなりに普通の父だったということですね。

ですから、分裂症(統合失調症)では、父の影響ではなかったということが言えます。



スポンサーリンク


6年間のパリでの家族での生活の中で考え方が変わった!

金原ひとみさんは東日本大震災に遭い、岡山に移り住んでましたが、前項でも書いた通り、その後2012年にパリに移住してます。

フランスででは、子供2人の家族3人での生活が始まった頃は言葉も分からず、何をするにも思うように出来なくて常に腹の立つことばかりだったとその時の生活をぶりを話してます。

でも、ある時「一々怒ってばかりいたら、死んでしまう」と、それを考えたら心の中が無限になり、これまでの怒りは感じなくなったということです。
やっとまわりの環境に順応したということでしょうか?

金原さんはその経験があったお陰で、いろんな人がいて、いろんな価値観があっていろんないうことを言う人がいることが分かってきたということも言っていたということです。

(※HUFFPOST『フランス生活を終えた金原ひとみ「日本人に必要なのは”共感のスイッチを切る”能力」』より一部抜粋)

金原ひとみのプロフィール

【プロフィール】
誕生日 1983年8月8日 東京都出身
職業 小説家
父親は児童研究家であり翻訳家・法政大学社会学部教授の金原瑞人さんです。
最終学歴 文化学院高等学校中退
子供の頃のエピソードでは、小学校(4年生)の時に不登校となり、それから中学、高校にはほとんど行っていない。
小学6年生の時に父親の留学に伴って1年間をサンフランシスコで暮らしています。

小説家としての始まりは12歳の時に小説を書き始めていますね。
そして、20歳(2003)になって例の「蛇にピアス」をすばる文学賞に応募してみごと受賞。
そして翌年の2004年に同じく「蛇にピアス」が芥川賞を受賞して一躍、脚光をあびることになったということになりますね。

まとめ

このぺーじでは
➀金原ひとみさんの夫との関係。
➁金原ひとみさんの分裂症は父親の影響なのか。
➂6年間のパリ生活の内面やその生活ぶりを解説。
➃金原ひとみさんのプロフィールを紹介。
以上です。


スポンサーリンク